明るい農村
 
 
当地区は、およそ80世帯の中間山地の集落
 
専業農家   1戸
 
兼業農家  76戸
 
非農家    3戸
 
 
幼稚園児以下      0名
 
小学校児童    2名
 
中学・高校性   1名?
 
集落平均年齢  60歳以上かも
 
農業後継者   2名?
 
ということは、77戸の農家のうち、75戸は後継者不在ということになる。 
 
10年後、この里山の風景はどのように映るのだろう?
 
やがて、
 
誰も住む人のいない限界集落を迎えるのだろうか?
 
この地域だけが例外ではなく、
 
日本全土に目を移せば、とりわけ、中間産地の荒廃は危機的状況にある。
 
こんな現状では、食糧自給率は、
 
ますます悪くなるにきまってる。
 
 
イメージ 1
 
 
 
・・というようなことを心配しても、
 
♪ だって、しょうがないじゃない・・♪
 
  先々のことはわからんけど、
 
♪ 黄金色の海は悲しい色やね・・
 
  泣いたらあかん・・泣いたら・・♪
 
  唇かんで、働けるだけ働くさ。
 
 
イメージ 2
 
 
サンダーバード5号・・・刈り取り作業終了
 
 
イメージ 3
 
待機していたサンダーバード6号(ユニック車)に
 
収穫した籾を移す。
 
 
イメージ 4
 
 
国際救助隊のみなさん
 
来年も頼むね。