虹の連舌タイプ 実生初花
 
もっと濃い虹を狙ってたけど・・・。
同じ兄弟でも、いろんな顔をした花が咲く。
虹交配は好みだな。
 
 
イメージ 1
 
連舌タイプ 
今では普通にある花。
ガチャピンさんも言われてたけど、
往年の連舌花の銘品「踊り子」は、とても高価で手が届かなかった。
そんな時代もあったな。
花弁が融合した花を「連舌」、以前は「一枚舌」ともいわれたタイプ。
 
話はちがうけど、
・・・・あいつは「二枚舌」で、いい人のふりをしている・・・
みんなは僕のことを、そう言って、とってもホメてくれる。