イメージ 1
 
五穀豊穣・家内安全
厳かな神事のあとは、テーブルを囲んでのひととき。
イメージ 2
時をさかのぼり、雨でぬかるんだ水たまりの道を、荷車でえっちらおっちらしていた昔、山深い村では新鮮な海の魚はめったに食べられなかった。
めでたい日、鮮度の長持ちするワニ(サメ)の刺身は欠かせない。
ワニは、この地方独特の食文化として今日に及んでいる。
 
この日、ワニの刺身は食べられんかった。
売り切れたのかな。
イメージ 3
村の長老 F会長
 
「おい、あかちょうちん、飲め。ぐっといけ。」
「いやいやいやいや~」 (それじゃ、まあ、ちょこっと・・。)
「まあまあまあまあ~」 (まあ、そう言わんと、飲め、飲め。)
いやいや、まあまあ・・といいながら、湯飲みに酒がドバッとつがれる。
 
清酒というだけあって、身も心も清められるな。