2016年10月

 
ウチョウラン 咲き分け
 
 
イメージ 1
 
 
紅一点・紫一点の咲き分け
 

 
移植培地の準備
 
 
イメージ 1
 
 
移植培地
 
とりあえず、ウチョウランの培地を700本くらい作っておいた。
 
1日中、黙々と作業するのは疲れる。
 
 
イメージ 2
 
ウチョウランの培養ビン
 
培地には、H(ハイポネックス)培地とかMS(ムラシゲ&スクーグ)培地とか
 
多種多様にあるけれど、
 
この培養ビンはATT(あかちょうちんオリジナル・手抜き・適当)培地
 
まあ、それなりに生育はまずまず。
 
イメージ 3
交配親
 
イメージ 4
交配親
 

 
久々にアンデスの花
 
サボテンは南北アメリカ大陸の海抜0メートルから
 
標高3000メートル以上の山々まで自生している。
 
北米ではスキー場近くで、冬は雪に埋もれているものもあるという。
 
 
 
                                        写真拡大表示をクリックして見て下さい
 
イメージ 1
 
ロビビア ハイブリッド(交配種)   再掲載の写真です。
 
上から撮影
 
 
イメージ 2
↑のロビビアを横から撮影
 
 
イメージ 3
ロビビア 紫野 (原種)
 
 
イメージ 4
 
紅笠丸  原種
 
ロビビアは標高3000~3500メートル級の南米アンデス山脈が故郷。
 
日本のコマクサより標高が高い山に自生する高山植物。
 
わが家の耐寒テストでは、
 
冬の寒風に晒され、霜で凍り付いたり、雪をかぶっても、
 
暖かくなると、蕾がふくらみ綺麗な花を咲かせた。
 
 
 
 
 
 
 

 
ウチョウランの無菌培養
 
イメージ 1
 
播種を終えた無菌培養ビン
 
播種から10日も経てば成否の結果がわかる。
 
 
イメージ 2
 
カビで汚染(コンタミ)された培養ビン
 
空気中に漂うカビの胞子の一粒がビンの中に入っただけでも失敗する。
 
もともと、サヤに傷があり、ダメモトで播いた種だから納得。
 
このビン1本以外は100パーセントOK牧場
 
あとは、来春の発芽を待つのみ。
 
イメージ 3
 
K○○○○さんの花を♀にした交配
 
純白に緑色の点が浮き出ている。
 
花全体に緑の点が散らばるような花が咲くといいな。
 
イメージ 4
 
レモンイエローの花
 
レモンイエロー♀×レモンイエロー♂
 
♂を↑の緑点と交配しておけばよかったかも・・。
 
イメージ 5
 
紫の点が散らばる花
 
いつか、緑の点が散らばる花を咲かせたい。
 
 
 
 
 

 
海の情景 2題 ・・・わびしさ・むなしさ・・・
 
 
わびしさ漂う海辺の情景といえば、
 
夏の終わりを告げる
 
シーズンオフの海水浴場
 
 
 
むなしさ漂う海の情景といえば、
 
   ・・・ ばかやろ~~ ・・・
 
海に向かって、男がひとり、大声で叫んでいる。
 
トミーリー・ジョーンズ扮する宇宙人がつぶやく。
 
海に向かってバカヤロ~と叫ぶことに
 
なんの意味があるのだ?
 
このろくでもない地球・・・・ボス・コーヒーのコマーシャル
 
 
イメージ 1
 
ビンの中のウチョウランが季節外れの花を咲かせている。
 
秋に咲く桜もそうだけど、華やかさもなく、なんとなく侘しい。
 
 
イメージ 2
 ↑のビンの母親♀
 
 
イメージ 3
 
 
父親 ♂
 
 
 
 

↑このページのトップヘ