イワチドリ
 
ポットに10球くらい(S~M球)植えてある。
葉の枯れ具合から、そこそこ育ってる感じ。
Ei13は交配番号(濃色霧ベタ紅一点仁王タイプ)
 
イメージ 1
 
掘り上げた球根
 
おいしそう
 
イメージ 2
イワチドリは水耕栽培が好成績。
もうだいぶ以前、takuさんが「趣味の山野草」誌にイワチドリのダンボール実生を寄稿されていた。
この記事をきっかけに水耕栽培を試したところ、イワチドリは勝手に大きくなる感じ。
来年は更に大きく育てたい。
無農薬栽培
肥料は4月・5月に3,000倍を年間2回与えるだけ。

 
この花も、こじあけちまった。
 
なぜ急ぐ、待てばまた出る、青信号。
年末、あわただしくなるけど、マナーを守って、安全運転しましょう。
 
でもなあ、花は咲くまでにフライングしてしまうなあ。
 
 
イメージ 1
 
 

 
虹の連舌タイプ 実生初花
 
もっと濃い虹を狙ってたけど・・・。
同じ兄弟でも、いろんな顔をした花が咲く。
虹交配は好みだな。
 
 
イメージ 1
 
連舌タイプ 
今では普通にある花。
ガチャピンさんも言われてたけど、
往年の連舌花の銘品「踊り子」は、とても高価で手が届かなかった。
そんな時代もあったな。
花弁が融合した花を「連舌」、以前は「一枚舌」ともいわれたタイプ。
 
話はちがうけど、
・・・・あいつは「二枚舌」で、いい人のふりをしている・・・
みんなは僕のことを、そう言って、とってもホメてくれる。
 
 
 

↑このページのトップヘ