ランの交配をマラソンに例えるならば、
 
はるか先頭集団の背中を見つめながら、ただひたすらに走ってきた。
 
なんとか脱落しないで。
 
 
イメージ 1
 
同じメダルでも、金でなければ納得しない人もいる。
 
銀で泣く人もいる。 銀で喜ぶ人もいる。
 
銅で泣く人もいる。 銅で喜ぶ人もいる。
 
イメージ 2
 
ゴールは見えんほうがいいな。
 
ゴールにたどり着いたら、ふりかえるだけだからね。
 
まだ。、折り返し地点・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
移植培地
 
イメージ 1
 
ビンを並べて・・
 
イメージ 2
 
培地を分注
キャップを締め、
アルミホイルで覆う
 
イメージ 3
1個のステンレスのかごに38本×2=76本を一回で滅菌処理。
一本の培養ビンの培地分注量を、30パーセント少な目にしてみた。
培地の量が生育に影響するかどうか?
影響しなければ、今度から、培地を作る手間が軽減する。
 
新開発のTMS培地
T=手抜き
M=面倒くさいこと
S=したくない
 
 
 
 
 

 
ウチョウラン 大輪系
 
 
イメージ 2
 
 
500円玉
 
 
イメージ 1
 
F1交配 初花
 
イメージ 3
 
大輪交配でも、出現率は予想以下。
初花はあてにならない。
2年くらい作り込んで、球根を充実させないと本来の花が判断できないみたい。
 
画像をクリックして見て。 
 

↑このページのトップヘ